寝たきりの老犬の胃拡張

胃拡張・胃捻転は大型犬がなりやすいですが小型犬もなりますし、
老犬もなりやすいと言われています。

胃拡張・胃捻転は
まだはっきりとした原因はわかっていませんが
本に載っているものによると
“食後すぐの多量水分摂取と運動”
“胃から食べ物がスムーズに移動しない(幽門狭窄)”

などです。

※幽門狭窄の症状は嘔吐、吐出

老犬は、、、
食後すぐに激しい運動をすることは
あまりありません。。

🐶では、なぜ寝たきりの老犬が胃拡張・胃捻転になるのてしょうか?

○空気の嚥下(食事中や寝ているとき)

○食後の寝返り

○消化機能の衰えで胃にガスがたまる

○胃の筋肉(平滑筋)の衰え

などです。

🐶どんな症状が出るのでしょうか?

○吐くしぐさをするのに口から出ない

○元気がない

○腹部が膨れる

○落ち着きなくそわそわ

○チアノーゼ

○よだれ

などの症状が出ると言われています。
寝たきりの老犬だとわかりにくい項目もあります。

🐶私が胃拡張になった寝たきりの老犬さんを
お世話していたときに、
特に注意して観察していたのは、

○腹部の膨れ
→通常の状態を把握しておくこと。
少し膨れると腹部が張って、血管が浮き出ていました。

○顔の表情(筋肉)
→寝たきりの老犬は表情が乏しくなってはいますが、苦しそうなときは顔が引きつっていました。

○歯茎と舌の色
→通常の色かどうか、紫になっていないか。

○体温、脈、呼吸数

です。

 

腹部の膨れを画像で見てみましょう

通常↓

少し膨れたとき↓

危険だったとき↓

 

 

🐶では予防する為にはどうしたらいいのでしょうか?

⚠以下このこに合った方法を

獣医師さんの指導のもと行っていますので、

担当獣医師さんとご相談されてから

行ってくださいm(_ _)m

○少し膨れた状態、又はなりそうな時は

ガス抜き剤を飲ませました。

(常に常備しておきました)

○ご飯の時に空気を嚥下しやすいこだった為、

食後は食道から胃へ流れやすいようにと、

ゲップをさせるために10分程抱っこをしていました。

○ご飯を消化しやすくする。

数回に分ける。

をおこない、

この老犬さんの場合は大事に至ることは

ありませんでした。

少しでも疑われるようなことがあったら

すぐに獣医さんに連絡することが大切です!

 

🐕私が老犬さんをお世話するときに長時間で(90分以上)お受けしている理由

胃拡張・胃捻転を完全に予防することは難しいかもしれませんが、

ご飯後の様子を見守ることで

早期発見してあげたいからです。

大型犬だけの病気ではないことが

多くのご家族に伝わって欲しいので

このブログを書きました。

ご覧いただきありがとうございました。

dog nanny

老犬介護士

eriko

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。